しまばら ふるさと日記

2018年 新春 島原城

2018年1月4日 公開

新春 島原城

島原城

お正月 1月2日 天気も晴れて青空が広がっていました。

少しだけ島原城に行ってみようという事でお邪魔しました。

道なりに登って行くと西の櫓が右上にお出迎え

さらに進むと天守閣が見えてきます

島原城

島原城
島原城

 

島原城七万石武将隊 演舞

一日2回の演舞があっているようです。 演舞の時間その他、詳しくは 公式サイト でご確認ください。

島原城七万石武将隊

 

島原城七万石武将隊 島原城七万石武将隊
島原城七万石武将隊 島原城七万石武将隊
島原城七万石武将隊 島原城七万石武将隊

 

島原城七万石武将隊

 

 

スポンサードリンク

 

島原城 門松

お正月と言えば門松!天守閣入口にでっかい門松がありました。

▼ おじさん&門松 ▼島原城 門松 ▼ 門松と有馬晴信(緑・赤) ▼島原城 門松

 

門松と門番をしている天草四郎時貞

島原城 門松

 

記念撮影用に鎧を無料で貸出されています(撮影時 ※ご自身で確認ください)

▼ 鎧を着けて記念撮影 ▼島原城 門松

スポンサードリンク

 

島原城 天守閣

▼ 青空と天守閣 ▼島原城 天守閣 ▼ 天守閣と松の木 ▼島原城 天守閣

 

松倉重政祭祀の祠

松倉豊後守重政公は徳川家康公に仕え、関ヶ原の戦い、大阪冬・夏の陣にも軍忠を尽くしました。元和二年(一六一六)、島原半島を領することとなり、元和四年から七年余の歳月を費やして島原城を築き、以来約二五〇年間政治の中心として栄えました。

この祠は重政公と築城工事中に死亡した人々を祀っております。正面の扁額は松平家十代城主松平忠精公が奉納されたものです。 案内文より

▼ 松倉重政祭祀の祠 ▼松倉重政祭祀の祠 ▼ 祭祀の祠内 ▼松倉重政祭祀の祠

 

お堀からの島原城

島原城の出入り口からお堀の方に下ってみました。こちらに降りていくのは初めての経験です。ひと月ほど前(12月5日・6日)に自衛隊の方による草刈りがあり綺麗な石垣になっています。

▼ お堀からの出入り口 ▼お堀からの島原城 ▼ お堀からの石垣 ▼お堀からの島原城
▼ 水堀に反射 ▼お堀からの島原城 ▼ 反射した石垣 ▼お堀からの島原城

 

お堀からの島原城

 

島原城 東堀端ハス池

ハス池を撮影する時期が違うだろ!ってご意見は重々承知しております ( ̄◇ ̄;)

▼ ハス池の看板 ▼島原城 東堀端ハス池 ▼ ハス池を眺めて ▼島原城 東堀端ハス池

 

森岳酒蔵

島原城の堀端、島原駅側にあります。島原城東虎口門があった場所だそうです。
森岳酒蔵は明治38年に建てられた歴史ある建築物で、国の有形文化財に登録。

▼ 裏の駐車場 ▼森岳酒蔵 ▼ 裏の入り口 ▼森岳酒蔵

 

森岳酒蔵

 

 

公園 / 遊歩道

施設

寺 / 神社 / 教会

スポーツ関係

記念碑 / 慰霊碑 / 銅像他

場所 / モノ / 動物 / その他

眉山 登山 動画 機関車 雲仙普賢岳 噴火災害 自衛隊 平成新山 まゆやまロード 子守歌 オーシャンアロー 花火大会 イルミネーション 足湯 ダチョウ 遊学の里 眉山の森 北村西望 アヒル フェリー 三小 秋桜まつり ひまわり 杉の元スギ 七面ケヤキ シマバライチゴ 変な木 秋祭り 島鉄 日時計 白土湖 一枚岩 鮎帰りの滝 別所ダム おしどりの池 宝原つつじ公園 雲仙 仁田峠 紅葉 地獄 島原鉄道 朝焼け 沖田畷 初日の出 七万石武将隊 消防出初式 福屋 レトロ看板 積雪 保存樹 元池 灯台 堤防 ひなめぐり 鰐口 音無川 島原初市 水無川 春の花まつり 千本木展望所 山の神サクラ 地蔵 多目的広場 みらい館 ツツジ 水車 鴛鴦の池 白雲の池 石棺 マリンパークありえ 長浜海岸 眉山中継局 戸の隅の滝 展望台 不知火まつり 銀水 諏訪の池 眼鏡橋 原城 世界遺産 日野江城 龍石海岸
...

 スポンサードリンク

 

 



キーワード


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。